〒964-0201 福島県二本松市戸沢字稲田24番地2
Fax:0243-46-3332

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

福島県が実施している農林水産物モニタリングにおいて,二本松市羽山地区から放射性物質は検出されず安全が確認されました。
羽山は安心なんだと皆様にご理解を頂けるようこれからも情報を開示して参ります。
丹精こめて作った羽山のくだものをぜひ召し上がって下さい。

マルカりんご園の除染活動
内部被ばくを防ぐため、当園では懸命に除染活動を行っております。
粗皮削り
主幹部と主枝の上面および側面を中心に粗皮削りを実施しました。粗皮削りは、専用の削り器具を使用して、かき落とすように古くなった樹皮(粗皮)を削ります。
粗皮削りをすることによって、放射線量が約70%削減出来ます。
高圧洗浄機を用い洗浄
主幹部と主枝の上面および側面を中心に実施し、作業は主枝先端から基部、高い部位から低い部位の順序で行います。
ボランティアの方 りんご粗皮削り 高圧洗浄機で洗浄
 
高圧洗浄機で洗浄 さくらんぼの洗浄  
 


■りんご・さくらんぼの放射能検査結果 県のモニタリング検査の測定結果を掲載しています。
■結果
2015-09-01 測定  
2014-09-02 測定  
2014-06-13 測定  
2013-06-13 測定  
2012-11-02 測定  
2012-10-09 測定 リンゴ(中性種)
2012-08-31 測定
2012-06-14 測定
2011-06-22 測定
2011-08-25 測定 (品種:サンつがる)
 
ND…not detectedの略で不検出
 
最新情報はこちらをご覧下さい。⇒ふくしま新発売。
 
畑地土壌の測定結果はこちらです。

―りんごを食べて放射能を排泄―
 りんごに含まれるアップルオリゴペクチンには、体内に取り込まれたセシウムの排泄などの医療効果が認められています。ペクチン含有の食品(特にりんご、干しブドウ、ブドウ、海藻類にはペクチン質が豊富)を毎日の生活の中で規則的に摂取できるようにすることを勧めます。放射線核種で汚染された可能性のある地域の住民の方は、非汚染のクリーンな食品類の摂取はもちろんですが、極めて困難であることから、なるべく食物繊維の豊富な食品を毎日の生活の中に取り入れることが必要です。特に有効性の高いリンゴペクチンの摂取がお薦めですが、このペクチン質は皮付きりんご1個当たり約04.~1.6g、食物繊維としては約4g含むので効果的な一日摂取量を2g/日とすると、毎日皮付きりんご2個程度が推奨されます。
毎日の食生活にりんごを取り入れ、目に見えない放射性物質の排出を促しましょう。
 

参考:富山大学医学部 田澤賢治博士 より









現在の園内の様子がご覧いただけます。
携帯電話からもライブ映像をご利用頂けます。




 
私たちが栽培しています。
あぶくま高原特有の冷涼な気候や昼夜の温度格差のため、リンゴやサクランボの栽培には最適な条件にあります。富士山の見える最北端の山、羽山の自然に恵まれた当園で美味しいフルーツと一大パノラマをたっぷりお楽しみください。   
マルカりんご園園長:熊谷耕一
 
 Copylight (C) 2010- hayamaringo All rights reserved.